Recent entries

先日の休日は、第6回明治神宮野球大会・北海道地区代表決定戦を観戦してきました。
やぁ~っ凄かったなぁ。。。
機会があれば、また観戦しに行きたいなぁ。。。
オモチャみたいなカメラとレンズで写真撮ってたのは俺だけだったなぁ。。。(苦笑)


t_A0036.jpg
t_A0038.jpg
t_A0035.jpg

<明治神宮野球大会・北海道地区代表決定戦:東農大北海道6-0道都大>◇最終日◇6日◇網走呼人

 東農大北海道(北海道学生)が道都大(札幌学生)に快勝し、4年ぶり2度目の神宮切符を手にした。1勝1敗で並び、勝ったチームが北海道代表を決める一戦。プロ注目の最速151キロ右腕、風張蓮(4年=岩手・伊保内)がドラフト前最後の公式戦で先発し、4回を散発3安打無失点に抑える好投でチームに勢いをつけ、勝利を呼び込んだ。道都大は北海道地区代表決定戦で2年連続で敗れていた相手。「去年の秋、負けて悔しくて泣いた。うれしい」と喜んだ。
 集大成を見せた。4日の第1戦、9回1失点で黒星を喫し、リベンジを誓っていた。中1日での登板だったが、継投策だったため「思いっきり飛ばしていけた。疲れもなく、体も動いていた」。当初予定されていた3イニングを超えて仕事を果たし、次期エース候補の井口和朋(3年=神奈川・武相)、今季登板全8試合無失点の玉井大翔(4年=旭川実)にバトンをつないだ。
 プロ入りへの道は整った。この秋、他の大学投手のドラフト候補が故障や不調に悩まされるなか、今季リーグ戦で5勝を挙げ、初の最優秀投手とベストナインに輝いた。着実に結果を残し、上位候補に名乗りを上げた。4年間、力をつけてきた網走の地で存在感を見せつけた。「しっかりと準備したい」。明治神宮大会(11月14日開幕)に向けて練習を続けながら、運命が決まるドラフトを待つ。
[日刊スポーツ紙面より]



野球観戦後は、チョッコッとだけ川へフィッシングに。。。
やっとこさ まぁまぁサイズは一匹だけ。。。

t_A0034.jpg


釣り情報ポータルFish/up   ブログランキング・にほんブログ村へ
上1-GLブログランキングに参加中 !!
今日も ポチッと一押しお願いします。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ScissorsHands blog, All rights reserved.
まとめ