Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日のブログで「外来種問題」の事への僕の思いを書きましたが、「なぁ~んだっ 釣りバカ 勝手に喋ってろ!!」なんて思っている人は居ませんか!?。 「私は魚には興味がないから関係ない!!」なんて思っている人居ませんか!?。 確かに昨日のブログの内容だと「釣り人視線」の思いで書いているようですが、僕が最後に書いた「我が町でも、いやっ、流域に関わる自治体を含む全ての方々と、「外来種」に関して話し合いを持たなければいけないと感じています。」って事を分かりやすく、簡単にお話ししましょう。

この「外来種問題」を解決!?するのにも、お金が掛かるという事です。 そのお金とは何処からやってくるのでしょう.... そうっ 私達が納める血税ですっ。 何年もかかってデーターを集めて証明しなければ分からない生態系問題が優先なのか!? 今日、明日の事も不安を抱える福祉や医療問題、雇用問題を優先させた税金の使い方が良いのだろうか!? っと例えた方が、みんなが真剣に考えなければならない問題だと理解して頂けるでしょうか?? ニジマスが移入され、何も問題を感じることなく数十年も経ってしまえば、僕的に「ニジマス」は外来魚ではなく、在来魚としての思いが強いのは確かです。 それよりもエゾシカによる農業被害の方が深刻なのでは...!? なんて考えたりもします。。。
皆さんが納める血税を有効に、無駄に使わないためにも、色んな見解から話し合いをしなければならないという事です。



【外来生物法】に於ける「特定外来生物による被害がすでに生じている場合又は生じるおそれがある場合で、必要であると判断された場合は、特定外来生物の防除を行います。」という事に対しては、なんら異論を唱える事はないのだが、緊急性がない「外来種」に及ぶとなれば問題を感じますねっ。



  釣り情報ポータルFish/upブログランキング・にほんブログ村へ
上1-GLブログランキングに参加中 !!
今日も ポチッと一押しお願いします。






今晩は。
確かにニジマスは外来種ではありますが、戦後の食料増産計画に基づき正式かつ計画的に移入されたのが始まりだと思います。それから半世紀です。とっくに市民権を得たものと思ってましたが、一部のマスコミなどのヒステリックな報道にはあきれてしまいます。ユーザー(読者)の食いつきの良い話題であることは否めませんが、もう少しちゃんと調査とまでは言いませんがせめてまともに取材してから書いて欲しいと思うのはワタシだけではないでしょう。

河川環境には一切触れず「ニジマス繁殖でオショロコマ全滅」とかやったら川に縁のない一般市民は「そりゃ大変だ!」です、役所もそれに乗っかって、調査だ駆除だで多大な予算をつぎ込みます。

一時の(一部現在も)サケマス超偏向路線は若干陰を潜めた感がありますが、すで「ニジマス込み」の安定した生態系が出来ている河川のニジマスを駆除してどうするつもりなんでしょう?それでどうにかなるんでしょうかね?むちゃくちゃな河川改修(一応気を遣ったらしい)をしておよそ魚(特に鱒)の住めなくなるような川を作って「ニジマスがいるから他の魚が住めないんだ!」とでも言い出すつもりなんでしょうか、多分何処かが言い出すよね。

網走川にしても確かに昔からニジマスは釣れてましたし、津別町がニジマスの漁業権を放棄してからも細々と自然繁殖のニジマスが釣れてはいますが「生態系に被害を及ぼす」とは到底言える状態じゃ無いですよね?ウチダザリガニにしても、そもそも網走川に競合する在来種のニホンザリガニなんていましたっけ?あまりの過剰反応過ぎるような気もするのですが・・・一度ザリガニ取りでもやってみますか?昔食べたことありますがかなり旨かった記憶があります。そうザリガニが増えたらみんなで採って食べりゃ良いんですよ!難しい顔して調査だ駆除だなんて税金使ってやる必要は有りません「ザリガニの採り方」を公開したら一シーズンで激減しますから!

【2008/10/04 00:05】 URL | syo #45BTAOaQ[ 編集]
syoさん おはようございます♪
そして コメントありがとうございます!!

僕も、学識者の見解の一言やマスコミ報道が、社会に対する影響力が強いと感じるだけに、慎重に対処しなければならない問題だと思います。 そして、その問題に対して、とかく消去的考えで解決しようという事も納得いきません。 syoさんが言うように「ニジマス」や「ウチダザリガニ」を経済産業に結びつけるっていう発想もあっても良いと思うのです。 実際に「ニジマス」を含めた、釣りを出来る環境を整えて町の経済を活性化させている所もあるだろうし、「ウチダザリガニ」を特産物として販売し、産業の一つとしている所もありますよね。 もと視野を広げて考えていかなければならないと思います。

河川改修を含め、外来種問題等の河川環境について、慎重に審議を進めて欲しいですよね。 特に、これらの事を最終的に決定する議会議員の先生方も、もっと勉強をして頂いて無駄な予算をつぎ込むって事のないように、柔軟な対応をお願いしたいものです。
【2008/10/04 07:16】 URL | シザーハンズ #VG3e8Ny2[ 編集]
はじめまして、enjoy60と申します。

初めて、拝見させて頂き外来種の記事を見たのでコメントさせて頂きました。

>外来生物法

>「特定外来生物による被害がすでに生じている場合又は生じるおそれがある場合で、必要であると判断された場合は、特定外来生物の防除を行います。

上記の件に付いて。
農林水産省の公式化意見は、少し異なって下ります。
駆除に付いては、特定外来生物に限らない。
今現在、国が行っている政策。

内水面生態系の復元、保全を通じた内水面資源の回復に寄与する。
事業としては。
緊急、広域外来魚等被害防止対策事業。
その内容は、特定外来生物に指定された魚類だけでなく、
その他の外来生物の駆除、調査に付いても対象になっています。

以上が、農林水産省の回答です。

外来生物は全て、駆除の対象にするという事でしょう。
勿論、ニジマスもアメリカザリガニも内水面生態系に影響を与えた時は?
一体誰が、必要と判断するのでしょうか。
【2008/10/24 19:32】 URL | Enjoy60 #-[ 編集]
Enjoy60さん はじめまして♪
そして コメントありがとうございます。

>内水面生態系に影響を与えた時は...
元来存在しなかったものが 外来種が入り込む事によって
生態系に少なからずも影響を及ぼす可能性がある事は
残念ながら否めないでしょう。
がっ しかし... 。

>一体誰が、必要と判断するのでしょうか...
逆に 誰が不必要と判断するのでしょうか!?
やはり 専門家なんでしょうか!?
しかし その専門家も特定してしまえば偏った見解になりかねない。
専門家も専門外に関しては たぶん全く無視(無知)の見解でしょうから。
この辺にも タテ割り行政的な悲しい現実があるのは確かだと思います。
【2008/10/25 01:01】 URL | シザーハンズ #VG3e8Ny2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ScissorsHands blog, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。