Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


masaさんが「虫」のお勉強にと 貸してくれた。
これで来シーズンのテレストは バッチリ...!?



スポンサーサイト

毎度 ご訪問の皆々様 ご無沙汰しておりました。 あいつは「ScissorsHands blog」を見る限り 釣りばかりしていて ちっとも仕事に身が入っていないと思っていらっしゃるでしょうが ちゃんとお仕事のお勉強はしておりますので御安心下さい(笑)。 9~10月までは全理連の講習を皮切りに 各メーカーの講習を受けまくり 少しでもマシな技術者になろうと日々精進しておりますんでっ (^^ゞ 

↓このセミナーで 今年度は終了かなっ!?
t_IMG_2048s.jpg



yoshiさん、ウッチー君と 小春日和に誘われ 日中数時間の「湖」釣行へ。
この時期になると「湖」でのドライは厳しいと思いながらも ポカポカ陽気に期待は高まる。


ウッチー君の胸に輝く勲章を盗み撮り... (笑)

しかしライズは無く 風は次第に強くなり 結果は。。。 (×_×;)
こりゃ~っ 完全にわたくしのポイント選択ミスですっ。
せめてもの救いは 来シーズンに繋がるポイントをみる事が出来たことでしょうか!? (苦笑)

t_IMG_2061.jpg
期待と夢を乗せて ラインは華麗に宙を舞う... 。


もっとローアングルで撮りたかった... (>_<)ヽ
広角で寄れるレンズが欲しいぃ!!
「Canon EF17-40mm F4L USM」とか「TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD ASPERICAL[IF](Model A05)」ってとこでしょうか!?

いつもは背景が写らないような写真を選んでいるのですが たまには... 。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用


今日は嫁が風邪をひいて調子が悪そうなので 子供達の通学準備を見届けてからの釣行。
なんか子供達と一緒に朝食をとってから重役釣行は久しぶりだっ。
これから時期 川が凍るまでは これくらい余裕の釣行の方が良いのかもしれないなぁ!?

台風にも勝る爆弾低気圧のあと初めて訪れた川は どこも変わり果てていた。

「今日は釣りよりも ポイント探しだなっ... 。」

変わり果てた景色には目をやらず ひたすら川底の状態を探る。

すっかり駄目になってしまったポイントもあったが 良さげなポイントも見つけた。

そして良さげなポイントで 一投目で掛けた虹鱒。

大きい魚体は この水量と重い流れを味方につけ 竿を一気に絞り込む。

今日 何気に持ってきたレビューのRXⅡ9056が功を奏する。
以前 このロットをブチ折って以来のスタメン復帰??(笑)
いつも使っているRXⅡ9305Wでは きっと竿を伸されて 4Xのティペットは "ぷっつり" と切れていただろう!?

おまけに水量の多さでランディングする場所が無く 張り出した木の枝を掻い潜り
掛けた場所から50メートル下流で何とかキャッチ!!

厳つい顔をしたハンサムな雄のニジマスに満足して この一匹で本日は納竿とする。
竿を車に積み込み カメラ片手に「秋の川」を撮って遊ぶ... 。
キスデジを買って10ヶ月。。。 写真は2000枚を越えましたっ(笑)


注) 河川付近の畑は農繁期をむかえ沢山のトラックが出入りしております。
車の駐車等 作業の邪魔にならぬようマナーをもって楽しみましょう♪

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用


20061023101946
秋のデカ虹をキャッチ! モブログでリアルタイムの報告でしたが 後でゆっくりとblogに更新いたしますねっ。

カメムシ・ドライの釣りをする為に 「変てこカメムシ」フライの試作品をいろいろ作ってみた。
カラーを変えてみたり 水面に立つようなハイフロータイプや水面にピッタリと張り付くようなタイプの物。
レッグを付けたり レッグを簡易的にした物... 。

結局 先日釣れたフライは下の写真のヤツですっ。
試作品はどれも一品物なんで 魚にかじられボロボロになちゃったヤツしかないんです... 。(笑)

いろいろな「変てこカメムシ」フライを使い比べてみて一番気になったのは『ティペットのよじれ』である。
以前「FlyFisher」に「フライの回転を考える」っていう記事が載っていたが フライの回転する理由について アイ側から見たときの風の捉え方が鍵だと... 。
いかにキャスティング中に受ける空気抵抗を逃がす形状を作るかである。
「そんな事 めんどくさくて どうでもいいいやぁ...。」って思っていたが 現場でのトラブルは一番腹が立つ。
その辺が「変てこカメムシ」フライの課題ですなぁ。。。


↑ こいつは簡単だし トラブル一切無し。 しかし視認性の悪さは天下一品!! (笑)


秋の「湖」でのフライフィッシングは ストリーマーをシンキングラインで引っ張る釣りがメインであったが
どうしてもドライで釣ってみたいと「カメムシ」パターンで初挑戦!!
今年は新年早々「亀」を食った事だし... 。(笑)

組合の観楓会を終え 午後から「湖」へと向かう。
しかし湖面には「カメムシ」の姿は無く 時折あるライズは別の物を捕食している気配だ... 。
今日持ってきたフライボックスは「カメムシ」パターンのみで 半ば諦めがちにキャストをする。
「キャスト」「ドリフト」「リトリーブ」を繰り返し 一時間は軽く過ぎようとした時
自分のフライの横をかすめるように モワッと鰭を出して魚が現れたが見切られる... 。
「やっぱ こんな変てこなカメムシじゃ駄目かぁ... 。」

粘ること一時間。
また 同じように見切られる。
「....... 。」  
言葉も出ない... 。
気持ちを取り直して ポイント移動しよう。。。

何ヶ所かポイントを移動するが「カメムシ」が湖面に漂っている姿も無く 
当然 僕の「カメムシ・フライ」にも全く反応は無かった... (ーー;)

最後に入ったポイントで もう一度チャレンジ!!
小さいライズが わずかに見える... 。
もう日が落ちかけ暗くなり こんな状態なら僕の「変てこカメムシ」でも魚がくわえてくれるのでは!?
という甘い考えで ライズがあったであろう場所にフライをキャスト。

そして「ドリフト」しはじめて直ぐ 鰭が見えたと同時に「カメムシ・フライ」が吸い込まれる... 。
「食ったぁ.... 。」

ワンテンポ遅らせ 竿で合わせると 魚の手ごたえが伝わり 竿が一気に弓なりに曲がる。
ドラグ音を響かせ走り回る虹鱒。
二度三度とジャンプを繰り返す虹鱒。
「絶対にバレるなぁーーっ!!」って思いで何とかランディングして
初「カメムシ・ドライ」で44cmの虹鱒をキャッチ。  



「うぅ~~ん カッチョ良いニジマスだぁ。」
「うっ、うれしいぃ... 。」 (;>_<;)
t_IMG_1930.jpg


t_IMG_1963.jpg
最後の最後まで 諦めなくて いがったぁ.... 。(喜)
さぁ これで来週は「川」へと心置きなく向かえる.... 。(笑)
あと「変てこカメムシ」フライには 課題が一杯だなぁ.... 。(苦笑)

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用


20061016193646
美幌理容組合の観楓会で川湯温泉に泊まってきました…。
お料理が少なめに写っておりますが これは今日の朝食ですっ(笑)
昨日は食べきれないくらい お料理が出ましたので悪しからず... 。

幹事の一人である私が「川湯温泉」を選んだ訳は もちろん「釣り」をしてやろういう
目論見があったからですっ(笑)
しかし メンバーの送迎を仰せ付かった為 軽く計画が狂う!!

ならば 皆さんを家まで送り届けてから また「湖」へ向かうのであった...(苦笑)

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ


本日 三陸沖に発達中の低気圧の為 僕が住んでいるオホーツク地方は台風並みの暴風雨だっ... 。
この雨が さらに秋を引き寄せるんだろうなぁ... 。

先日も川に遊びに行ってきたのだが 今年の川模様は例年とは違う。
気温や水温も約一ヶ月ほど高く推移している為に ポイントの選択やフライの選択を
例年通りしていると 予想外の釣果にがっかりしている人が多いのではないだろうか???
でも その辺のデーターを上手く味方にしれば 十分に楽しめるんじゃないかなぁ... 。


この日の水温は12℃ エルモンヒラタカゲロウ(♀)のダン!?
本当は もっと寄って撮りたかったのだが... 。
僕の玉では これが限界っ!!(笑)

t_IMG_1911.jpg
秋の川を感じる チョッと寂しい光景。。。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ScissorsHands blog, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。